指導学生が(中心になって)行う研究発表より

最新情報は,お知らせコーナーをご覧下さい。

  • 三谷彩華(2019年1月13日).「日本語教育学の研究論文における反復表現の分析」作文研究2018 ポスター発表(早稲田大学).
  • 三谷彩華,滝島雅子(2018年12月22日).「日本語教育学の論文要旨における高頻度表現の分析」第8回談話分析コロキアム ポスター発表(山形テルサ).
  • 滝島雅子,李在鎬(2018年11月25日).「日本語教科書における「美化語」分析――BCCWJと教科書データの語彙の比較から」日本語教育学会2018年度秋季大会ポスター発表(プラザヴェルデ,沼津).
  • 滝島雅子(2018年10月27日).「待遇コミュニケーションにおける美化語の表現・理解意識――テレビの中の美化語の分析から」待遇コミュニケーション学会2018年度秋季大会口頭発表(早稲田大学).
  • 三谷彩華(2018年8月25日).「研究論文における『終了部』の文章構造分析――日本語学・日本語教育学を対象に」タイ国日本研究国際シンポジウム(チュラーロンコーン大学).
  • 福留奈美(2018年5月26日).「食べ物を通した日本語教育」(パネリスト:ポリー・ザトラウスキー[代表],福留奈美,水藤新子,蓮沼昭子)日本語教育学会2018年度春季大会パネル発表(東京外国語大学).
  • 福留奈美(2018年3月17日).「年少者日本語教育実践における実践観の更新に関わる要因――「目黒モデル」実践者の指導記録分析を通して」(福留奈美,西島阿弥子,北田蓉子,山本祐梨子,人見美佳)早稲田大学日本語教育学会2018年春季大会(早稲田大学).
  • 前川紘子,李在鎬(2017年11月26日),「多読教材の文章難易度に関する考察――段階別多読用教材と旧日本語能力試験の統計的な対応づけの試み」日本語教育学会2017秋季大会(新潟朱鷺メッセ).
  • 田中伊式,李在鎬(2017年9月30日).「リーダビリティからみたやさしい日本語ニュースの定量的分析」計量国語学会第61回大会(武蔵野大学).
  • 小林章二(2017年9月16日).「介護記録の日本語分析」早稲田大学日本語教育学会2017年秋季大会(早稲田大学).
  • 前川紘子,門井美奈子(2017年9月16日).「地域多読活動『Nihongo Book Salon』実践報告」早稲田大学日本語教育学会2017年秋季大会(早稲田大学).